花粉症アレルギー

花粉症の鼻水・くしゃみ・目のかゆみねどの症状はつらいですね。花粉症対策は事前の予防が大切です。花粉症対策として様々な情報があるので、自分にあった花粉症対策を見つけてください

スギ花粉を中心とした花粉症の方をサポート
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花粉症対策食品で一時意識不明、厚労省が因果関係調査

厚生労働省と和歌山県は26日、花粉症対策商品として販売されているスギ花粉加工食品のカプセルを飲んだ同県内の40歳代の女性が、全身性のアレルギー反応で一時意識不明の重体になったと発表した。

 女性は2日後に意識を回復し、現在は快方に向かっているという。

 和歌山県によると、食品は山形市の「健森」が製造・販売している「パピラ」。女性は23日夜、カプセル1個を飲用して友人とテニスをしていたところ、約30分後に全身にじんましんが出て息苦しくなった。すぐに病院で受診したが、診察中に口の中が腫れて、気道が圧迫され、意識不明に陥ったという。

 和歌山県から連絡を受けた山形県は24日、食品衛生法に基づき、健森に立ち入り調査をした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070226-00000116-yom-soci
スポンサーサイト

パピラで女性一時重体

花粉症対策商品として販売されたスギ花粉加工食品「パピラ」を飲んだ和歌山県内の
40歳代の女性が、全身性のアレルギー反応で一時意識不明の重体になった問題で、
製造元の「健森」(山形市)は27日までに、販売業者を通じて自主回収を始めた。
和歌山県から連絡を受けて、健森に食品衛生法に基づく立ち入り調査を行った
山形県によると、健森は、山形市内の山から採取した杉の若い雄花の芽を粉末に加工。
これを静岡県内の業者にカプセルに詰めてもらった上で、健森が箱詰めし、兵庫県内の
業者に販売していたという。
山形県では、「原材料や製造工程で有害物質の混入は確認されず、出荷する際の箱に
『花粉症に効く』といった記載もないため、現段階では法令違反にあたる事実は
確認できていない」としている。同県では近く、薬事法に基づく立ち入り調査を行う予定。

【yahoo関連記事引用】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070227-00000106-yom-soci

花粉症と温暖化

熱波による死者の増加や花粉症の悪化など地球温暖化が自然環境だけでなく
人の健康や命にも影響を及ぼしていることを初めて指摘した「気候変動に関
する政府間パネル」作業部会の第4次報告書案が9日、明らかになった。
このまま温暖化が進めば、50年ごろには水不足に見舞われる人の数が最大で
20億人も増えるなどと予測。温暖化の影響は発展途上国のみならず、先進国
でも避けられないことを示した。

【共同通信】より

温暖化は世界規模で問題になっていますが、花粉症も温暖化の影響が
でるのではないか、と心配されます。
花粉症の方にはとても心配です。
次のページ
このブログはこんなキーワードでも検索されています。
花粉・アレルギー・鼻炎・ゴーグル・肺 症状・公害・眼鏡・マスク・タンポポアレルギー

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。