花粉症アレルギー

花粉症の鼻水・くしゃみ・目のかゆみねどの症状はつらいですね。花粉症対策は事前の予防が大切です。花粉症対策として様々な情報があるので、自分にあった花粉症対策を見つけてください

スギ花粉を中心とした花粉症の方をサポート
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花粉症の飛散時期(春)

花粉症で最も代表的なものはスギ花粉症です。しかしとはいえ、スギ花粉は実際、
九州・四国では2月の上旬から飛散され、関東では2月下旬、東北地方では
3月に入ってから飛散が始まり、いずれの地域でも5月末頃まで飛散が続き、スギ花粉症患者に
とっては辛い時期が続きます。

スギ花粉に続いて飛散し始めるのはヒノキ花粉症です。ヒノキ花粉は2月下旬から
飛散し始めますが、特に3月~5月が主な飛散時期になり、ヒノキ花粉症患者の約7割が
スギ花粉症患者なので、あわせてスギ・ヒノキ花粉症とも呼ばれます。

またスギ花粉がほとんど飛散しない北海道での花粉症といえばハンノキ花粉症です。
本州では1月から飛散し始めるハンノキですが、北海道では3月上旬から5月の上旬までが
飛散時期です。

ハンノキ花粉症に続いて北海道で飛散し始めるのが、北海道で代表的な花粉症である
シラカンバ(シラカバ)花粉症です。主に北海道ではシラカンバは4月~6月までが
飛散時期で、ハンノキ・シラカンバ花粉症とも、果物過敏症(食物アレルギー症状・
口腔アレルギー症候群)を併発する患者が多いのが特徴です。

花粉症といえばをイメージする方が多いですが、確かにその通りで、花粉症の
原因植物が数多く飛散しますので注意が必要です。

また、その年により、飛散時期は前後するので、新聞やニュース等で飛散時期を頻繁に
確認することは花粉症対策にはとても大切です。
スポンサーサイト

花粉症の飛散時期(夏)

花粉症で有名なものはイネ科の花粉症です。

イネ科花粉症は、スギ花粉の飛散時期が終わる5月頃から飛散を始め、本州では
7月頃まで、東北・北海道では8月でも飛散することもあり、植物によっては
10月頃まで飛散する花粉もある様です。

イネ科花粉症の代表的な植物はオオアワガエリ・カモガヤです。しかし5月~7月は
梅雨期のため、高湿度で花粉は飛散しにくくイネ科花粉症患者は少ないのですが、
梅雨のない北海道でイネ科花粉症患者は多くみられます。

またイネ科花粉症はスギ花粉と異なり、数キロ以内の飛散距離なので、近くに
イネ科の植物がないのにこの時期にアレルギー症状が起こる方は、花粉症ではなく、
ダニ・ハウスダストなどのアレルギー症状の可能性もあるので、アレルギー外来等の
専門医受診をお勧めします。

冬の花粉症

花粉症としては、一時キク科のセイタカアワダチソウが花粉症の原因植物
とされていましたが、ブタクサ花粉症と間違えられていたことで解決しました。

ということで、花粉症患者の方にとっては、少しは気を緩めてもいい季節
かもしれません。ただ早いと1月下旬にはスギ花粉が飛散する可能性もあるので、
早い時期から花粉症対策をすることは大切です。

花粉症に限らず、最悪の状況になってからでは治療は困難です。何事もそう
ですが、早め早めの花粉症対策が一番の予防策なのです。

からはじめる早めの花粉対策
何といっても体調万全、鼻の粘膜の保護、情報収集が大事です。

・バランスの良い食生活
花粉症に限らず、栄養の偏った食生活はよくありません。花粉症に効く食べ物・料理でも詳しく説明していますが、何事もバランスが大切です。花粉症に効く食べ物・料理を参考に食生活を見直して下さい。
・規則正しい生活習慣
近年急激に花粉症患者が増加したのは、戦後植林したスギの花粉が飛散し始めたためです。しかしそれだけとも言い切れません。欧米化した食生活、不規則な生活(寝不足・夜型生活)も花粉症患者が増加した大きな原因なのです。現代人には難しいかもしれませんが、規則正しい生活をおくるように心がけてください。
・疲れ・ストレスをためない生活
疲れがたまると副交感神経の緊張が高まり、交感神経が抑えられ、肥満細胞からヒスタミンが放出されやすくなり、花粉症の症状が出やすくなります。毎日のリズム感ある生活、ストレス、疲労をためない、たまってもすぐに発散する、バランスの良い生活はとても大切です。

花粉症を予防するためには、健康的な生活習慣!これが何といっても重要なのです。
このブログはこんなキーワードでも検索されています。
花粉・アレルギー・鼻炎・ゴーグル・肺 症状・公害・眼鏡・マスク・タンポポアレルギー

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。