花粉症アレルギー

花粉症の鼻水・くしゃみ・目のかゆみねどの症状はつらいですね。花粉症対策は事前の予防が大切です。花粉症対策として様々な情報があるので、自分にあった花粉症対策を見つけてください

スギ花粉を中心とした花粉症の方をサポート
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妊婦の花粉症

花粉症に悩むこの時期。妊娠中の方は薬の服用を気にして抗ヒスタミン剤の
服用を我慢される方が多く見受けられます。 
ですが、花粉症の症状を抑える薬の中には、妊娠中も使用可能なものもあるのです。
妊婦と薬についての相談窓口も増えてきているので、専門家と相談し、この花粉症の季節を
気持ちよく過ごす方法を探して頂きたいと思います。

例年ひどいアレルギー症状に悩まされていた妊婦の話ですが、耳鼻科では
「産婦人科で薬の処方を受けてください」、産婦人科では「耳鼻科に行って
ください」と言われたそうです。寝ても覚めても鼻水・鼻づまり。
母親なので、赤ちゃんのためだからと、ひたすら我慢していたそうです。
妊婦の薬剤使用については慎重意見が強いのは確かです。厚生労働省の
研究班による「鼻アレルギー診療ガイドライン」では、妊婦の使用実績に
応じた薬の安全評価が示されていますが、「妊娠4か月の半ばまでは原則
として薬物は避けたほうが安全」としています。

都内の病院にある「妊娠と薬相談外来」に過去15年間で寄せられた相談
延べ3万8000件のうち、アレルギー関連は約2400件。妊娠に気付かずに
花粉症薬を飲み、中絶を考えるほど深刻に悩んだというケースも多いということです。

花粉症治療に使われる内服薬には、抗ヒスタミン剤と抗アレルギー剤があります。
抗ヒスタミン剤は長年、妊婦が服用してきた実績があるため、「必要に
応じて使うことが可能」です。添付文書などに「妊娠中は投与しないこと」と
記載されていても、製薬会社の姿勢や希望を示したもので、実際の危険度とは
ほとんど関係ないという意見もあります。

ただ、抗アレルギー剤の中には、使用実績が浅い薬もあるので、心配する人は
妊娠初期(3ヶ月)までの使用を控える事が望ましいです。また、点眼薬、点鼻薬など
局所治療薬はまず心配ありません。

花粉症のつらさには個人差があるので、我慢し過ぎも母体の安定のためには
逆効果ですので、薬を使う選択肢もあります。妊娠中は血液量が増え全身がむくみ、
普段より花粉症の症状がつらく感じることもあるためです。

かかりつけの耳鼻科や産婦人科で対応してもらえなくても、大学病院や総合病院なら、
妊婦の薬使用についてアドバイスを得られますので我慢せずに相談をして見てください。

このブログはこんなキーワードでも検索されています。
花粉・アレルギー・鼻炎・ゴーグル・肺 症状・公害・眼鏡・マスク・タンポポアレルギー

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。