花粉症アレルギー

花粉症の鼻水・くしゃみ・目のかゆみねどの症状はつらいですね。花粉症対策は事前の予防が大切です。花粉症対策として様々な情報があるので、自分にあった花粉症対策を見つけてください

スギ花粉を中心とした花粉症の方をサポート
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の花粉症

春の花粉症で最も有名なものはスギ花粉症。しかし春とはいえ、スギ花粉は実際、九州・四国では2月上旬から飛散し始め、関東では2月下旬、東北地方では3月に入ってから飛散が始まり、いずれの地域でも5月末頃まで飛散が続き、スギ花粉症患者にとって辛い季節となる。
スギ花粉に続いて飛散し始めるのはヒノキ花粉症である。ヒノキ花粉は2月下旬から飛散し始めるが、特に3月~5月が主な飛散時期で、ヒノキ花粉症患者の約7割がスギ花粉症患者なので、併せてスギ・ヒノキ花粉症とも呼ばれる。
またスギ花粉がほとんど飛散しない北海道で春の花粉症といえばハンノキ花粉症である。本州では1月から飛散し始めるハンノキですが、北海道では3月上旬から5月の上旬までが飛散時期である。ハンノキ花粉症に続いて北海道で飛散し始めるのが、北海道で代表的な花粉症であるシラカバ花粉症である。
主に北海道ではシラカバは4月~6月までが飛散時期で、ハンノキ・シラカンバ花粉症とも、果物過敏症(食物アレルギー症状・口腔アレルギー症候群)を併発する患者が多いのが特徴。
花粉症といえば春を想像する方が多いが、確かに、花粉症の原因植物が数多く飛散するので注意が必要である。
その年で、飛散時期は前後するので、新聞やニュースなどで飛散時期を頻繁に確認することは花粉症対策にはとても大切である。
このブログはこんなキーワードでも検索されています。
花粉・アレルギー・鼻炎・ゴーグル・肺 症状・公害・眼鏡・マスク・タンポポアレルギー

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。