花粉症アレルギー

花粉症の鼻水・くしゃみ・目のかゆみねどの症状はつらいですね。花粉症対策は事前の予防が大切です。花粉症対策として様々な情報があるので、自分にあった花粉症対策を見つけてください

スギ花粉を中心とした花粉症の方をサポート
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の花粉症は?2008年の花粉総飛散予測

2008年のスギ・ヒノキ科花粉総飛散数は、2007年11月現在のNPO花粉情報協会の予測では、10月までの気象状況から10年平均と比較して東日本ではほぼ同じであり、西日本では花粉総飛散数はやや少なめになる見込み。また2007年シーズンと比較すると東日本では比較的多め、西日本では少ないと予測される。
2007年7月の平均気温は、ほぼ全国的に平年値より若干低めで、日照時間は東北北部を除き50時間前後も少ないという結果であった。しかし、8月は平均気温が平年値より若干高く、日照時間も50時間前後多くなった。このため予測飛散数は昨年より東日本では多めではあるが、西日本では少なめであり、過去10年の平均値と比較すると、東日本ではほぼ同様の飛散が予想されるが、近畿以西の西日本ではやや少なめで、特に瀬戸内一部ではかなり少ないと予測している。
また、スギ花粉前線(スギ花粉の飛散開始週が同じ地点を線で区切った予測前線図)については、2008年のスギ花粉前線は現段階では平年並との予想。11月から冷え込み、年内に大雪があると予測図より南下し、飛散開始は早まり、逆に晩秋になっても暖かい日が続けばスギ花粉の一時的な年内飛散の可能性もある。しかし、実際の飛散開始は年明けて関東南部や東海では2月上旬になると予想される。スギ花粉前線は3月上旬には東北南部や北陸に到達、本州北端への到達は3月中旬と予想されるが、大雪になれば3月下旬頃の可能性もある。そして北海道に上陸するのは早くて3月下旬、雪次第では4月上旬となる見込み。いずれにしてもスギ花粉前線は2月上旬から4月上旬の2ヶ月をかけて日本列島を北上するものと思われる。

テーマ:美容・健康 - ジャンル:ライフ

このブログはこんなキーワードでも検索されています。
花粉・アレルギー・鼻炎・ゴーグル・肺 症状・公害・眼鏡・マスク・タンポポアレルギー

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。