花粉症アレルギー

花粉症の鼻水・くしゃみ・目のかゆみねどの症状はつらいですね。花粉症対策は事前の予防が大切です。花粉症対策として様々な情報があるので、自分にあった花粉症対策を見つけてください

スギ花粉を中心とした花粉症の方をサポート
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花粉症の早期治療

くしゃみ・鼻みず・鼻づまり・涙目・・・。
つらい季節を少しでも快適に乗り切るためには、飛散時期に応じた早めの対処が必要です。
花粉症治療の中心になるのは薬物療法(主な治療薬)で、使用する時期や症状に応じて「初期療法」「導入療法」「維持療法」が行われます。

『初期療法』で楽に乗り切ろう。

花粉症の治療では、花粉の飛び始める2週間くらい前から症状を抑える薬(抗アレルギー薬)の服用を始め、シーズン中も継続するとより高い効果が期待できるといわれています。これが「初期療法」のメリットです。

花粉症などのアレルギーは、症状が悪化すると薬が効きづらくなります。しかし、軽いうちに薬を使い始めると、花粉の飛散量が多くなった時期でも症状をコントロールしやすく、そのシーズンの症状を軽くすることができます。とくに、毎年の症状が中等症以上になる方で、楽にシーズンを乗り切りたいと考えている方にお勧めです。

初期療法のメリット
症状の出現を遅らせることができます
飛散量の多い時期の症状を軽くできます
併用する薬の量や使用回数を少なくできます

効果的な薬の服用
初期療法には、主に第二世代抗ヒスタミン薬などの抗アレルギー薬が用いられます。症状が重い場合には点鼻薬などが併用されます。効果の高い第二世代抗ヒスタミン薬を用いれば、併用薬の量、期間を少なくする効果が期待できます。

『導入療法』で強い症状をやわらげよう。

症状が強くなってしまってから始める治療です。経口ステロイド薬の一時的(一週間以内)な服用や、局所ステロイド薬(点鼻薬)なども必要となります。

『維持療法』で症状が軽減しても薬の服用は続けよう。

初期療法や導入療法で症状が抑えられた状態を保つための治療です。第二世代抗ヒスタミン薬や、症状が重い場合には局所ステロイド薬(点鼻薬)を使います。花粉の飛散中は治療の継続をお勧めします。

このブログはこんなキーワードでも検索されています。
花粉・アレルギー・鼻炎・ゴーグル・肺 症状・公害・眼鏡・マスク・タンポポアレルギー

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。