花粉症アレルギー

花粉症の鼻水・くしゃみ・目のかゆみねどの症状はつらいですね。花粉症対策は事前の予防が大切です。花粉症対策として様々な情報があるので、自分にあった花粉症対策を見つけてください

スギ花粉を中心とした花粉症の方をサポート
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花粉症の初期治療

花粉が飛び始める前から、花粉症の薬を処方してもらい、花粉シーズン中の
アレルギー症状を軽減する治療法です。また、薬の服用を花粉シーズン中を
通して続けることが必要です。初期治療に使われるお薬は「第2世代抗ヒスタミン薬」や
「化学伝達物質遊離抑制薬」などです。

この初期治療のメリットとしては、花粉シーズン中の症状が軽くなる 、
シーズン中の症状が軽減、ガマンしたり、イライラしたりすることが減少します。
花粉が飛ぶ前から予防的に薬を服用することで、花粉が飛び始めても、症状が
出始める時期が遅くなります。
病・医院が混雑する時期を避けて、花粉症シーズン前にお医者さんに相談することで、
余裕を持って患者さん自身の症状と日常生活に合った治療計画を作ることができます。
花粉飛散の最盛期を迎えても、症状を軽く抑えた状態で過ごせるので、
飲み薬を服用する回数や、点鼻薬などの併用薬を使用する回数を減らす
ことが可能です。

初期療法を受けるには
花粉症治療を受けている医師にご相談ください。初期療法についてより
詳しく説明していただけます。例年、花粉症の症状に悩まされていても、
まだ医療機関を受診されていない方も早めに医師にご相談ください。

初期療法のタイミング
初期療法を受けるタイミングは「花粉が飛び始める2週間前から」が基本です。
地方によって差はありますが、花粉はわずかながらも1月から飛び始める地域も
あります。目安として12~1月に、まず医師に相談し、薬を処方してもらって下さい。

このブログはこんなキーワードでも検索されています。
花粉・アレルギー・鼻炎・ゴーグル・肺 症状・公害・眼鏡・マスク・タンポポアレルギー

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。