花粉症アレルギー

花粉症の鼻水・くしゃみ・目のかゆみねどの症状はつらいですね。花粉症対策は事前の予防が大切です。花粉症対策として様々な情報があるので、自分にあった花粉症対策を見つけてください

スギ花粉を中心とした花粉症の方をサポート
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花粉のとびやすい日って?

◇花粉の飛散が多い気象条件
・天気が良く湿度が低い日
・最高気温が高い日
・雨の日の翌日
 
◇1日で見る花粉飛散量
・朝は湿度が高いため花粉は減少。
・太陽が昇り、湿度が下がり始めると花粉が飛びやすい。
・お昼に飛散量が最も多くなる。
・都心では上空からの花粉が降りてくるため夕方も花粉が多い。
・夜は花粉は少ないと言われていますが、都心ではアスファルトに落ちた花粉が
 風が強い日には再び舞い上がる為に夜でも多い日もある。
 
◇雨の日の花粉量
・雨の日は湿度が高いため飛散量は少ない。また翌日晴れると飛散量は多くなる。

*よく晴れて空気が乾燥気味でしかも風が強い日は、最も花粉症の方には危険な日です。
 しっかり花粉症対策をして外出して下さい。

一般的に、雨の日は花粉の飛散は少なくなる、朝は花粉が少ないと言われますが、
実際花粉症の方なら同じ体験をされた方も多いと思いますが、雨の日に油断して
マスクをしないで外出すると翌朝ひどいクシャミや鼻水があったりすることがあります。

花粉の時期にはあまり天候に左右されずに花粉対策をとることをお勧めします。
このブログはこんなキーワードでも検索されています。
花粉・アレルギー・鼻炎・ゴーグル・肺 症状・公害・眼鏡・マスク・タンポポアレルギー

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。