FC2ブログ

花粉症アレルギー

花粉症の鼻水・くしゃみ・目のかゆみねどの症状はつらいですね。花粉症対策は事前の予防が大切です。花粉症対策として様々な情報があるので、自分にあった花粉症対策を見つけてください

スギ花粉を中心とした花粉症の方をサポート
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花粉症の減感作療法

花粉症の方なら誰でも「花粉症のつらい症状を根本的に治せたら・・」
という願望があるはずです。
減感作療法とは、定期的にスギ花粉エキスを注射で体内に取り込み、
花粉への
抵抗力アップを狙うものです。
治療期間は数年に及ぶ上、すべての患者に効果が出るという保証はありあませんが、
完治への期待を胸に、この花粉症治療を選ぶ患者が増えています。

◇治療法
減感作療法は、花粉のエキスを、少しずつ濃度を上げながら、何度も注射し、
体を花粉に慣らし、アレルギー反応(感作)を減らす方法です。花粉症の季節の
3ヶ月以上前から始め、体質改善のために2年以上続けることが必要とされています。
花粉症への一般的な対処法、治療法としては、
・マスクや眼鏡で花粉を避ける
・飲み薬、点眼、点鼻薬などで症状を緩和させる薬物療法
・鼻粘膜の反応を減らすレーザー手術

等があります。しかし、いずれも対症療法で、根本的に治せる可能性があるのは、
減感作療法だけとされているのです。

注射のエキスには、スギのほか、ブタクサ、ハウスダスト、ペットなどがありますが、
病院により治療できる種類にばらつきがあるのが現状です。

◇薬からの脱却
花粉症とつきあうと、まず市販の飲み薬、点鼻薬などを何種類も試し、よく効く薬は
口の中が乾くなどの副作用が出たりしてなかなか満足な効果が得られないのが現状。
症状がひどくなると近所の内科に通い、薬を出してもらったりするが、次第に鼻詰まりなどの
症状が春先に限らず、一年中出る様になり、「薬を飲み続ける状態から脱却したい」と、減感作療法を選択するケースもあります。

◇注射しない方法
従来の減感作療法は、注射の痛み、定期的に通院する煩わしさが短所だでしたが、
注射しない方法も開発されています。
舌の裏に、エキスを含んだパンの小片を2分間含む方法で、「舌下減感作療法」
と呼ばれています。欧米では普及しているが、日本では、日本医科大や千葉大等
一部の大学病院などで臨床試験の段階で、すべての希望者を受け入れる体制には
なっていません。

このブログはこんなキーワードでも検索されています。
花粉・アレルギー・鼻炎・ゴーグル・肺 症状・公害・眼鏡・マスク・タンポポアレルギー

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。