花粉症アレルギー

花粉症の鼻水・くしゃみ・目のかゆみねどの症状はつらいですね。花粉症対策は事前の予防が大切です。花粉症対策として様々な情報があるので、自分にあった花粉症対策を見つけてください

スギ花粉を中心とした花粉症の方をサポート
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花粉症とアトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は大人になれば治るとされていたが、最近では大人になっても直らない人が増えている。昔では子供のころアトピーになっていても、体が大きくなるにつれて許容量も大きくなりアトピーの症状は出なくなっていったが、しかし現代では大人になり許容量も増えるにつれ、化学物質も多く取り込んでしまうため結局は許容量を超えアトピーが治らないという方が増えてきている。
花粉症はスギ花粉や他の花粉、アトピー性皮膚炎はダニやホコリ、食品などが原因物質と言われているが、確かにこれらは花粉症アトピーのな原因物質だと思うが、実際はやはり化学物質もその原因物質に含まれると思われる。
花粉症だからといって花粉だけに気を付けるのではいけない。しかし現代では外は排ガスにまみれ、家では食品添加物などを取り込んでいる。今後も花粉症やアトピーの患者さんは増えていくと思われる。

アトピー

今年の花粉症は?2008年の花粉総飛散予測

2008年のスギ・ヒノキ科花粉総飛散数は、2007年11月現在のNPO花粉情報協会の予測では、10月までの気象状況から10年平均と比較して東日本ではほぼ同じであり、西日本では花粉総飛散数はやや少なめになる見込み。また2007年シーズンと比較すると東日本では比較的多め、西日本では少ないと予測される。
2007年7月の平均気温は、ほぼ全国的に平年値より若干低めで、日照時間は東北北部を除き50時間前後も少ないという結果であった。しかし、8月は平均気温が平年値より若干高く、日照時間も50時間前後多くなった。このため予測飛散数は昨年より東日本では多めではあるが、西日本では少なめであり、過去10年の平均値と比較すると、東日本ではほぼ同様の飛散が予想されるが、近畿以西の西日本ではやや少なめで、特に瀬戸内一部ではかなり少ないと予測している。
また、スギ花粉前線(スギ花粉の飛散開始週が同じ地点を線で区切った予測前線図)については、2008年のスギ花粉前線は現段階では平年並との予想。11月から冷え込み、年内に大雪があると予測図より南下し、飛散開始は早まり、逆に晩秋になっても暖かい日が続けばスギ花粉の一時的な年内飛散の可能性もある。しかし、実際の飛散開始は年明けて関東南部や東海では2月上旬になると予想される。スギ花粉前線は3月上旬には東北南部や北陸に到達、本州北端への到達は3月中旬と予想されるが、大雪になれば3月下旬頃の可能性もある。そして北海道に上陸するのは早くて3月下旬、雪次第では4月上旬となる見込み。いずれにしてもスギ花粉前線は2月上旬から4月上旬の2ヶ月をかけて日本列島を北上するものと思われる。

テーマ:美容・健康 - ジャンル:ライフ

2009年花粉症情報(花粉症飛散予想)

また、花粉症の時期がやってきますね。
平成20年11月10日の読売新聞に2009年のスギ花粉の飛散量についての記載がありました。

花粉の予測情報というのは、日本気象協会が出しているもので、夏の気象条件をもとに、平年、前年と比較した予測が発表されています。
気になる2009年(平成21年)春のスギ・ヒノキの花粉量は、北日本では前年より少なくなり、南関東より西では、前年より多いそうです。
特に、東海、近畿、中国・四国、大分県、宮崎県ではかなり多いと予測されています。
関東より西にお住まいの花粉症の方は、遅くとも1月、2月位の冬の時期から花粉症対策をスタートしてくださいね。
さらに、日本気象協会では、来春のスギ花粉の飛散量が今年に比べ、「2倍以上になる地域もある」 と予測しています。
前年夏の気温が高く、降水量が少ないほどスギの花芽が育ちやすくなるためで、今夏の暑さが厳しかった地域ほど、飛散量が多くなるとみられています。
同協会は東海、近畿、中国、四国地方と九州では「非常に多くなる」(今年の2倍)、東京、神奈川、千葉、群馬、山梨の5都県では「同じか多い」(同1.5倍)としています。
林野庁などによると、スギの花芽の生育は夏場の気候に左右されるとのこと。この時期に高温で日照時間が長く、降水量が少ないほど、多くの花粉ができるようです。
今年の夏は平年と比べて全国的に気温が高く、降水量も少なめでした。気象庁のデータでは、関東甲信地方で平年に比べ0.4度、東海地方で0.6度、中国、四国地方で0.7度など、各地で平年を上回りました。降水量も、関東甲信地方は平年並みでしたが、近畿、四国地方などの西日本では平年の5~8割程度でした。
気象庁の予測では今年は暖冬のようです。暖かい日が続けば、花粉の飛散時期も早まる可能性が出てきます。
花粉症は早めの対策が重要です。花粉症対策のサプリメントなどは、今のうちから摂取し、免疫力を向上させておきましょう。
前のページ
このブログはこんなキーワードでも検索されています。
花粉・アレルギー・鼻炎・ゴーグル・肺 症状・公害・眼鏡・マスク・タンポポアレルギー

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。